パワーストーンの好みと組み合わせ

パワーストーンの好みは、それぞれ違います。宝石などでも皆同じ宝石を持っているわけではなく、その人が好きな色やデザインなどがあり、むしろ同じものだと嫌がったりします。それと同じで、どれが良いかは、個性によります。ですので、どれを選んでよいかわからない時には、水晶などを選べば無難ですが、相性が良いパワーストーンを見つけた場合には、その天然石を中心に集めればよいということになります。集め方も霊的なパワーとして集めてもいいですし、アクセサリーとして集めても良いということになります。室内のインテリアとしても、浄化の意味もあるので、面白いのではないかということになります。また種類が違っても問題はありません。パワーストーンのお店などでもたくさん色々な天然石があることでも簡単にわかります。喧嘩をするわけでもないので、色々な天然石があったほうが面白いかもしれません。

パワーストーンと注意点

パワーストーンでは、基本的には、どのパワーストーンでも良いのですが、できるだけ誰かが所有していたような品物は避けたほうが良いかもしれません。宝石でも呪われた宝石などがありますが、物には所有者の情念がこもる場合があります。日本にも付喪神という考え方がありますが、天然石は鉱物です。しかし人間は感情があるもっとレベルの高い存在です。そうなると、いくら浄化してくれる天然石でも、持つ人の情念が強い場合や歪んでいる場合には、それらの感情もその中に閉じ込められるかもしれません。呪われた宝石などもそのような理由からかもしれません。ですので、落ちていたものを拾うとか、誰かにもらうとかということは、避けたほうが良いということになります。科学的な根拠はないのですが、やはりお守りということもあるので、自分が所有した自分だけのパワーストーンの方が無難です。浄化ということもできますが、無難なほうが安心です。

パワーストーンのアクセサリーとしての利用

パワーストーンと宝石の違いはということで、的確に答えられる人はあまりいないようですが、高価なものが宝石で、簡単に手に入るものが天然石という分け方もできます。しかしすべての天然石にはパワーが宿っているという人もいますから、そうなるとパワーストーンの中に、それぞれの宝石も入っているというほうが正しいのかもしれません。高価なものもあれば、簡単に手に入るものもあるということになります。個人的には今までの宝石よりも、天然石のパワーストーンの方が美しいようにも感じます。ですのでアクセサリーとしてとかファッション感覚で利用する場合には、天然石の方が魅力があるようにも感じます。また選び方ということでは、色からも選べますし、誕生石などでも選べます。また願いの種類からも効果的な天然石がありますので、そこから選ぶという方法もあります。また通販なので値段からという方法もあります。